滋賀県草津市で外科矯正をお考えの方へ

Surgery外科矯正

外科矯正

外科矯正
  • 矯正治療に外科手術を併用した治療

    外科矯正とは、矯正治療に外科手術を併用する治療のことをいいます。骨格性の問題が大きい場合、矯正治療だけでは治すことができません。そのような状態を「顎変形症」と診断し、骨格の問題に対して外科手術を行い、歯並びや咬み合わせの問題に対して矯正治療を行うことで改善していきます。また、外科矯正を行う場合、手術費と矯正治療費は健康保険が適用されます。

  • 顎変形症とは?

    骨格の大きさや、形、ズレが原因となり、顔貌の歪みや偏位に繋がっている状態です。基準値から、骨格が前後・左右・上下に、どれくらいズレているかを精密検査を行うことで分析し、診断を行います。

健康保険が適用になるケース

下記のケースに該当する場合には健康保険が適用となります。詳しくは、精密検査後の診断時に、ご確認ください。

  1. case 1

    顎の外科手術を併用する顎変形症の手術前後の矯正治療

  2. case 2

    厚生労働大臣が定める疾患に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療

  3. case 3

    前歯3歯以上の永久歯萌出不全に起因した咬合異常
    (埋伏歯開窓術を必要とするもの)

    (前歯の永久歯が3歯以上生えてこないことによって咬み合わせに異常がある状態で、
    歯ぐきに埋まっている歯を引っ張りだす処置が必要な場合)

外科矯正の流れ

外科手術を併用するために、病院の口腔外科と連携をとり、治療を行うことになります。大まかな流れとしては、手術前の矯正治療を行い、矯正装置を装着したまま外科手術を受け、手術後の矯正治療を行う流れになります。

  1. 1

    初診カウンセリング

    初診カウンセリング

    初診カウンセリング

    歯並びや咬み合わせで気になっておられる点をお伺いします。

  2. 2

    精密検査

    精密検査

    精密検査

    矯正治療を行うにあたり、必要な検査を行います。

  3. 3

    検査結果の説明(診断)

    検査結果の説明
    (診断)

    検査結果の説明(診断)

    検査結果から外科矯正が必要かどうかを判断したり、治療計画を立て、患者様に説明します。

  4. 4

    口腔外科を受診

    口腔外科を受診

    口腔外科を受診

    連携している病院の口腔外科を受診していただき、相談と外科矯正についての説明を受けていただきます。

  5. 5

    術前矯正治療開始

    術前矯正治療開始

    術前矯正治療開始

    外科手術を行う前に、術前の矯正治療を行います。

  6. 6

    入院・外科手術

    入院・外科手術

    入院・外科手術

    矯正装置を装着したまま、外科手術を受けていただきます。

  7. 7

    術後矯正治療

    術後矯正治療

    術後矯正治療

    手術後の矯正治療行い、最終的な歯並びや咬み合わせの調整を行っていきます。

  8. 8

    矯正治療終了・保定期間

    矯正治療終了・
    保定期間

    矯正治療終了・保定期間

    矯正治療終了後、歯並びが安定するまでの保定装置(歯並びを固定するためのマウスピースなどの装置)を使用して経過観察を行います。